ダイヤ工業株式会社はサポーター・コルセット等の医療用品メーカー。症状で多い腰痛・膝痛を始め、足首・肘・手首・胸・肩の関節痛等、ニーズに合わせたサポーターやコルセットを日々開発しています。また、サポーターやコルセットだけでなく、高齢化社会に対応する介護予防用品(介護用品)や、健康用品・福祉用品にも取り組んでおります。



各種方針

各種方針

ダイヤ工業株式会社の品質保証体制と歩み

ダイヤ工業株式会社は、医療用品の提供を通じてお客様に”快適な生活を提案-proposal for comfortable life"する企業として、高い品質の製品やサービスを目指し、常に顧客満足を追及し続けることを宣言致します。

登録認定機関:JQA(財団法人 日本品質保証機構)

2002年
ISO9001:2000取得。
2006年
プライバシーマーク取得。
2007年
ISO27001取得。
2008年
ISO14001取得。
2010年
ISO統合マネジメントシステム認証。
2014年
ISO13485取得。

品質方針

ダイヤ工業株式会社は、医療用品の提供を通じてお客様に"快適な生活を提案"proposal for comfortable life"する企業として、 高い品質の製品やサービスを目指し、常に顧客満足を追及し続け、社会に貢献することを宣言致します。

  1. 私たちはお客様に満足を差し上げ、お客様から信頼を頂きます。
  2. ISO9001/ISO13485への適合及び品質マネジメントシステムを有効に運用し、継続的な改善/維持をします。
  3. 全社員一丸となって顧客満足を成し遂げます。
  4. 適用される要求事項に適切に対応します。
  5. 品質方針を一般にも公開します。

制定日:2002年5月15日
改定日:2016年6月23日
ダイヤ工業株式会社
代表取締役 松尾 正男

JQA-QM9259

情報セキュリティ方針

ダイヤ工業株式会社は、医療用品の提供を通じてお客様に"快適な生活を提案"proposal for comfortable life"する企業として、 個人情報を含む情報管理に取り組むことが重要な社会的責任であることを認識し、情報セキュリティシステムの確立、及び維持をし、 戦略的なリスクマネジメントの状況と調和をとるために情報セキュリティ方針を定めます。経営者を含む全従業員はこのセキュリティ方針を遵守し、 継続的に改善することを宣言致します。

  1. 情報資産の管理を適切に行い、継続的に改善します。
    当社は情報セキュリティの重要性を認識し、情報セキュリティ目的を設定し、情報資産に対する適切な管理を行い、継続的に改善して参ります。
  2. 情報セキュリティ教育を風土化します。
    当社の情報資産に関連する全ての人々が情報セキュリティの重要性をよく理解し行動できるよう、教育訓練し風土化します。
  3. 情報セキュリティに関する法規制の遵守を徹底します。
    当社は情報セキュリティに関連する法令や規格、その他の規範、及び契約上のセキュリティ義務を遵守し、これらに準拠・適合した情報セキュリティの 構築・確保に向け取り組みます。
  4. 情報資産のリスクを評価し、保護を適切に行います。
    当社は情報資産の機密性、完全性、及び可用性を確保するために、情報資産のリスクを評価し、適切な管理を行って、 全ての脅威から情報資産を保護することに努めます。
  5. 情報セキュリティに関する事故への対策をします。
    当社は情報セキュリティに関する事故の発生予防に努めると共に、万が一生じた場合、事故対応や再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

制定日:2006年11月01日
改訂日:2016年06月29日
ダイヤ工業株式会社
代表取締役 松尾 正男

JQA-IM0447

環境方針

ダイヤ工業株式会社は医療用品の提供を通じてお客様に"快適な生活を提案"proposal for comfortable life"する企業として、 地球環境の保全を人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、事業活動を通して、次のように資源の有効活用と環境保全の推進に取り組みます。

  1. 事業が環境に与える影響を明確にし、環境の保全及び汚染の予防に対する継続的改善を行います。
  2. 事業に関わる環境関連の法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  3. 省資源・省エネルギー、リサイクルの推進、廃棄物の抑制及び環境負荷の低減に努めます。
  4. 全社員及び当社に関わる全ての人に環境方針の理解と情報の周知を行い、意識向上を図ります。
  5. 環境方針を一般にも公開します。

制定日:2006年12月20日
ダイヤ工業株式会社
代表取締役 松尾 正男

JQA-EM6023

重点管理項目活動状況

目的・目標   2014年 2015年 2016年 2017年
電気使用量対前年-5%削減
単位:対前年%(社員当たり)
目標 -5% -3% -3% -3%
実績 21% 12% -64%  
廃棄物の削減(紙)
単位:対売上比%
目標 0.0093 0.01 0.005 0.005
実績 0.0134 0.007 0.0089  
裁断ロスの削減
単位:製品当kg
目標 0.02 0.01 0.002 0.002
実績 0.01 0.002 0.004  
2017年度目標
目的 目標
電気使用量の削減 対前年-3%/1人あたり
廃棄物削減 用紙購入費 対売上比0.005%以内  
裁断ロス削減 0.002kg以内/1製品

個人情報保護方針

ダイヤ工業株式会社は、医療用品の提供を通じてお客様に"快適な生活を提案"proposal for comfortable life"する企業として、 個人情報は個人の貴重な財産であると認識し、個人情報の取り扱いに関する適切性の確保は、企業全体の最重要課題と捉え、 個人情報の取り扱いについて、次のように宣言致します。

  1. 個人情報の収集、利用、提供を適切に行います。
    個人情報の収集・利用及び提供に関して、個人情報保護の重要性の理解と安全性及び信頼性の確保の為に、全部門・全従業員に対し教育を実施し 「コンプライアンス・プログラム」の遵守に努めます。また、個人情報を利用目的の範囲内で取り扱い、お客様の同意がある場合または 正当な理由がある場合を除き、第三者へ開示または提供しません。
  2. 個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩の対策をします。
    個人情報が分散した形で蓄積利用される可能性を排除し、体制整備の向上を図り、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び 漏洩の予防・是正に努めます。
  3. 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。
    個人情報の保護に関する法令及び行政機関等が定めた個人情報保護に関する条例・規範・ガイドライン等を遵守します。
  4. 個人情報保護のため、コンプライアンス・プログラムの継続的な改善に努めます。
    個人情報を適切に保護する為に個人情報保護「コンプライアンス・プログラム」を定期的に見直すとともに、内部監査の実施により継続的な改善に努めます。
  5. 個人情報に関するお問い合わせに対し、誠実かつ迅速に対応します。
    個人情報の取り扱い等に関するお問い合わせ・苦情・相談等、また、開示等のご請求に対し、誠実かつ迅速に対応します。

制定日:2004年10月07日
改定日:2007年06月01日
ダイヤ工業株式会社
代表取締役 松尾 正男